現地調査・お見積り無料

防食工事

産業設備が、個々に定められた役割を長期的に果たしていく上で、最も大敵となるものが「腐食」です。それは普段ほとんど見えることなく進行し、ある日突然「崩壊」するなど、衝撃的な形態をとることがあるからです。 そうなってからでは手当ても大変!経済的にも、鉄とコンクリートを腐食と劣化から保護し、社会資本の安定に寄与することがその仕事に携わる私たちの使命であると考えております。

1.ライニング工事

弊社では「橋脚や高速道路橋梁のコンクリート片剥落防止工事」をはじめ、「コンクリート製飲料水タンク内の水性エポキシライニング材による防水工事」と、これまで様々な「公共工事・特殊工事」を手がけてまいりました。

長年培ってまいりました経験と技術力で皆様の生活を支える、公共施設の工事のお役に立てるような工事をしてまいります。

コンクリート製の飲料水タンク内部のライニング工事
富士市某飲料水タンク内のライニング工事
コンクリート製の飲料水タンク内部を水性エポキシライニング材による防水工事。

2.ポリウレア樹脂防食ライニング工法

ポリウレアスプレー工法とは、イソシアネートと特殊アミンの2成分を、自動定量混合スプレー装置を使用して圧送・混合・吐出させ、施工面にスプレーし、瞬時にポリウレア樹脂塗膜を形成する被覆防食ライニング工法です。
硬化時間が約14秒程度のため、壁面はもちろんのこと天井面でもダレることなく均一な防食ライニング層が形成されます。
そのため大幅な工期短縮が図れ、排水処理槽や上水水槽のみならずコンクリート構造物や鋼構造物などの防食・防水・保護を目的とする改修工事に、画期的な超速硬化ライニング工法です。

ポリウレア樹脂防食ライニング工法の特徴
  1. 装置 自動計量・圧送機と混合吹付け装置(スプレーガン)を用い、材料を定量的に施工面へ圧送し、スプレーガンにて瞬時に皮膜を均一に施工します。
  2. 性能 耐薬品性、耐熱性、接着性、ひび割れ追従性、耐磨耗性、防水性に優れた被覆層です。
  3. 効果 ポリウレア樹脂防食ライニング工法のポリウレア樹脂は、無溶剤、無触媒で可塑剤も含まない環境に優しい材料で、JWWA規定合格により飲料用ライニング材としても安全な製品です。
  4. ポリウレア樹脂防食ライニング工法のポリウレア樹脂は、独自の技術により反応を制御しているため、ピンホールの発生を防ぎ、平滑な塗膜仕上りとなり、さらに接着性と成膜性が飛躍的に向上しました。
  5. 作業環境 スプレー施工のため、様々な形状に対して均一な厚さの被覆層が形成され、さらに狭い箇所への施工も可能です。
  6.  瞬時に硬化することにより、冬期や夏期に関係なく、影響されずに塗膜が形成され、物性が確保されます。スプレー施工と瞬間硬化のため、床、壁および天井面へ優れた施工性を有し、施工開始から稼動までの時間が従来の工法に比べて極めて短く、工期の短縮が可能です。

PAGE TOP

コンクリート剥落防止工事のマツミ | 会社概要 | プライバシーポリシー | お問合せ
Copyright (C) 2015 Matsumi Co.,Ltd. All Rights Reserved.