コンクリート構造物の補修・補強工事なら大阪茨木市の株式会社マツミへ

各種工事・工法Method of Construction

コンクリートの補修・補強・剥落防止工事

当社は20年以上前からコンクリート製の橋梁、飲料水タンク、高速道路の床板等の補修工事の実績を積み上げてきました。
経験豊富な社員・工事スタッフが全国どこにでも赴任し、工事竣工までのお客様のニーズにお応えいたします。

  • 橋梁
  • 飲料水タンク
  • 高速道路の床板

構造物補修補強工事

近年、コンクリートは建設材料として最も広範囲に用いられ、施設・交通インフラなど、重要な社会資本であるコンクリート構造物として建設されています。塩害、中性化、アルカリ骨材反応、酸性雨等などで劣化に対し、「繊維シート補強工法」「ひびわれ注入工法」「断面修復工法」「剥落防止工事」など、施工性に優れた補強工事を多数行っております。

  • 橋脚
  • 高速道路の橋梁
  • トンネル

コンクリート剥落防止工法

コンクリートの剥落事故が発生すると重大な人身災害を引き起こすことになりかねません。これらの剥落による事故を防止するため、3軸ビニロン剥落防止工法など、各種のコンクリート剥落工法を提案しております。「ボンド KEEPメンテ工法」「ダイナミックレジン工法」「スケルトンクリアーコーティング工法」など様々な工法をご提案しています。

  • 屋根部
  • 室外機

防水工事
(超速硬化ウレタン防水、FRP防水、その他)

国内の施工される防水工法の80%を占めており 最も主流な防水工事の工法となり、防水工事の中では比較的安価な上、 塗り重ね改修が可能です。複雑な建物にも適していて、メリットが多く、提案されることも多い工法です。施行者の技術によって1年ももたない仕上がりになる事もあり、注意が必要な防水工法となります。

  • 飲料水タンク
  • 排水処理槽

防食工事
(エポキシ系・ビニルエステル、その他)

産業設備が、個々に定められた役割を長期的に果たしていく上で、最も大敵となるものが「腐食」です。それは普段ほとんど見えることなく進行し、ある日突然「崩壊」するなど、衝撃的な形態をとることがあるからです。そうなってからでは手当ても大変!経済的にも、鉄とコンクリートを腐食と劣化から保護し、社会資本の安定に寄与することがその仕事に携わる私たちの使命であると考えております。

  • 構造物の劣化調査

調査・診断部門

最新鋭の非破壊調査機器等の導入により、コンクリート表面やコンクリート内部における的確な調査・診断を行っております。また、長年の調査・診断実績から得られた技術と貴重な調査データを基に、各コンクリート構造物の劣化に即した補修・補強工法の提案を行っております。

お問い合わせCONTACT

現地調査・お見積は無料です。
まずはお電話かメールフォームより今すぐご相談ください。

arrow_drop_up